[使い方] [ワード検索] [管理用]
アイルランド留学クラブのホームページへ
         
お名前  
タイトル  
本文
URL
添付File
暗証キー (英数8字以内)
投稿キー 7777と半角で入力 
文字色

画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

シェンゲン協定について  投稿者:なな
投稿日:2014/10/10(Fri) 01:28 No.16311  
 
こんにちは。
今アイルランドにワーホリで来てます。
そこでシェンゲン協定について聞きたいことがあります。
日本人は180日のなかで90日間シェンゲン協定国に滞在できますが、1年のビザがあり今の所属国はアイルランドです。
それでもこの90日間しかシェンゲン協定国には滞在できないのでしょうか?
友達が90日間以上滞在できると言っているのですが、どうなんでしょう?
私達は日本人だからこの規定に従わなければならないと思うのですが、私個人としてもできるだけ長くシェンゲン協定国にいたいので信じてしまいそうになります。
よろしくお願いします。

Re: シェンゲン協定について  アイルランド留学クラブ
2014/10/10(Fri) 12:12 No.16317   <Home>
ななさん こんにちは。

シェンゲン領域国への訪問に関しては、駐日欧州連合代表部のサイト
http://eumag.jp/question/f0614/
で詳しく説明されていますが、シェンゲン領域国での特別なビザ等を有していなければ
非シェンゲン領域国籍者が領域国内にビザなしで滞在できる期間は
「あらゆる180日の期間内で最大90日間」と定められています。


アイルランドはシェンゲン領域国ではなく、アイルランドからシェンゲン領域国に到着した際には
別途シェンゲン領域国の入国審査が行われますので、
アイルランドでの滞在の有無はビザシェンゲン領域国でのビザなし滞在期間には無関係です
(アイルランドでの滞在期間は、シェンゲン領域国での滞在期間に算入されません)。


2015年1月以降の学生ビザでの就労について  投稿者:アイルランド留学クラブ
投稿日:2014/10/07(Tue) 15:28 No.16268   <Home>
 
2015年1月の法律改正に伴い、非EU国籍留学生の学生ビザおよび就労に関する規定が変更されます。


日本人語学留学生のビザ取得条件は2014年までと同様で、
政府の認定リストに掲載されている学校で週15時間以上のフルタイムコースに申込み
医療保険や現地銀行の残高証明といった必要書類を添えて
現地到着後に外国人登録手続きを行うと、学生ビザを取得できます。

また25週間以上のアカデミックイヤープログラム受講者は、
受講期間+最長27週間までのホリデー取得で1年間の学生ビザ滞在が認められます。


大きく変更になる点は学生ビザでの就労に関する条件です。

現行の規定
「授業受講期間中は週20時間までのパートタイム
任意のホリデー取得期間中は週40時間までのフルタイム就労が可能」


2015年1月以降の規定
「原則として週20時間までのパートタイム
5月〜8月および12月15日〜1月15日にホリデーを取る場合のみ週40時間まで就労可能」

と変わります。


2015年1月以降も、任意の時期に最長27週間までのホリデーを取ること自体は認められているのですが
「5月〜8月および12月15日〜1月15日」以外の時期は、ホリデー中でも週20時間までしか就労ができませんので
留学中にフルタイムで就労したい場合は上記期間にあわせてホリデーを申請して頂くことになります。


専門学校・大学  投稿者:キナコ
投稿日:2014/09/24(Wed) 22:07 No.16063  
 
こんにちは。現在アイルランドに滞在して2年になります。イミグレーションから来年も学生ビザが必要であればカレッジに行くように言われました。
カレッジに行く場合、アイルランド政府教育科学省公認の専門学校や大学で1年間以上のフルタイムコースに申し込みが必要とありますが、語学留学の時のように具体的に週何時間とか決まっているんでしょうか?もう少し詳しい情報があればご教示願います。

Re: 専門学校・大学  アイルランド留学クラブ
2014/09/26(Fri) 09:51 No.16072   <Home>
キナコさん こんにちは。

さてご質問頂きました件ですが、「学生ビザ取得の必要条件を満たすフルタイムコース」とは
アイルランド法務省および教育科学省が運営するInternationalisation Registerに登録されているコースを指します
(週あたりの授業時間数は、受講するコースの時間割により異なります)。

2014年8月現在で登録されているコースリストはこちら
http://www.intregister.ie/documents/Websiteforpublication05August2014a_005.xlsx
に掲載されています。



専門学校や大学で開講しているフルタイムコースには"Non degree course"と"Degree course"の2種類あります。

このうち、「Non degree courseはEnglish Languageとの合計で3年間までしか登録できない」と規定されていますので、
既に3年間語学留学生として登録されている場合には、4年目以降はDegree courseの中から選択することになります。



なお、今年の春から相次いで発生している専門学校のビザ認定資格剥奪とそれに伴う閉校トラブルの影響で
2015年1月以降に学生ビザ発給および学生ビザ所有者の就労に関する法改正が行われ、
学生ビザ取得が可能な教育機関の認定基準が厳格化されます。

詳しくはこちら
http://www.education.ie/en/Publications/Policy-Reports/Regulatory-Reform-of-the-International-Education-Sector-and-the-Student-Immigration-Regime.pdf
に記載されていますので、よろしければご参考までに。

2015年1月以降に登録可能なコースリストは、2014年12月頃から順次アップデートされる予定です。

アルバイトの所得税について  投稿者:もにか
投稿日:2014/09/14(Sun) 18:53 No.16030  
 
こんにちは。こちらの掲示板は有益な情報が多く、よく拝見しております。
過去ログなど検索しましたが見当たらなかった為、新しく質問をさせて頂きます。

FORM12Aをrevenueに提出したのですが、適切な所得税の適用には大体どのくらい時間がかかるのでしょうか。

ダブリンにて仕事を見つけ、先週から働き始めました。早速FORM12Aを記入し、先日12日(Fri)にrevenueに提出しました。申請自体は無事に終了しました。
私よりも長く働いている(期間は不明)同僚の方は未だに所得から半分程引かれているようです。一方でネットで2週間程で適用されたという話も拝見しました。
時期や担当者にもよると思うのですが、おおまかな所要時間や、実際にアイルランドで働いている方の実体験などお聞きできればと思います。

Re: アルバイトの所得税について  アイルランド留学クラブ
2014/09/16(Tue) 09:44 No.16034   <Home>
もにかさん こんにちは。

さてご質問頂きました所得税の源泉徴収ですが、タックスオフィスのサイトで詳しい情報をご覧頂けます。
http://www.revenue.ie/en/personal/faqs/starting-work-tax.html#section3


上記のサイトによりますと「最初の給料日から適切な所得税が適用されるように、職を得たあとすぐにForm12Aを提出してください」とのことなので、数週間以内には処理されることを想定しているようです。

手続きが完了すると、Tax officeから"Certificate of Tax Credits and Standard Rate Cut-Off Point"という書類が送られてきますので、その書類で所得税の金額が確認できます。

万が一、1ヶ月経っても書類が届かない時はTax officeに状況をご確認頂くことをおすすめいたします。

Tidy Towns Contest 2014  投稿者:アイルランド留学クラブ
投稿日:2014/09/10(Wed) 09:54 No.15981   <Home>
 
アイルランドで毎年開催されているTidy Tonws Contest(きれいな街コンテスト)で
2014年はアイルランド中部の街キルケニーが「最もきれいな街」に選ばれました。

キルケニーはダブリンから直行のバスで2.5時間ほど離れた古都で、
素敵なお城と古い教会、中世の町並みを残す旧市街、クラフトビレッジなどが有名な観光地です。

ダブリンからの週末トリップにも人気がある可愛い街なので、留学中に是非一度足を伸ばしてみてはいかがでしょう?
http://www.ryugakuclub.com/ireland/travelireland/kilkenny.htm


ホーナースクール(ダブリン) 10%割引オ...  投稿者:アイルランド留学クラブ
投稿日:2014/08/27(Wed) 14:14 No.15774   <Home>
 
アイルランドの首都ダブリンにあるフレンドリーな家族経営の中規模校
ホーナースクールオブイングリッシュでは
「2014年8月26日〜2015年4月21日の間にご予約いただいた1〜23週間の全コース」に
授業料の10%割引が適用されます(実際のコース受講時期に制限はありません)。


また25週間以上のアカデミックイヤーコースを受講される方は、
現地でのTOEIC試験(受験料約100ユーロ)を無料で1回受験して頂けます。


詳しいお見積もりをご希望の方は、メールでお気軽にお問い合わせください!


語学学校について  投稿者:satomi
投稿日:2014/08/21(Thu) 22:06 No.15692  
 
初めまして。現在ワーキングホリデーで渡愛を考えている者です。
はじめの1か月程度は語学学校へ通うことを考えています。レストランや販売などの接客業に就くことを想定して、即戦力となれそうな接客英語などが学べる語学学校(コース)を探していますが、なかなか見つけられません。
アイルランドではこういったことが学べる語学学校は少ないのでしょうか。
ご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Re: 語学学校について  アイルランド留学クラブ
2014/08/22(Fri) 15:15 No.15696   <Home>
satomi さん

はじめまして。お問い合わせありがとうございます。

さてご質問頂きました接客英語のコースですが、アイルランドの語学学校で開講している
ビジネス関連のコースはいずれも一般的なオフィスでのビジネス英語が中心で、
satomiさんがご興味をお持ちのような、カジュアルワークでの就労を想定した接客英語を
グループレッスンで開校している学校はおそらく存在していないと思われます。

オプションの1対1クラスという形であれば、ご希望に合わせてレッスン内容をアレンジできますので
接客業で役立つ表現を中心にトレーニングを受けて頂くことは可能です。
Re: 語学学校について  satomi
2014/08/25(Mon) 00:27 No.15740  
迅速なご対応ありがとうございます。

わかりました。それを踏まえてまた改めて計画をしていこうと思います。
ありがとうございました!
Re: 語学学校について  アイルランド留学クラブ
2014/08/25(Mon) 10:36 No.15742   <Home>
ご参考になれば幸いです。

また何かご質問などありましたら、どうぞお気軽にご利用くださいね!

2014年度第2期ワーキングホリデー申請結果  投稿者:アイルランド留学クラブ
投稿日:2014/07/18(Fri) 12:40 No.15407   <Home>
 
2014年6月度に募集された2014年第2期ワーキングホリデー許可証の申請結果が
アイルランド大使館より発表されています。

アイルランドのワーキングホリデー申請結果は、許可・不許可ともに、
申請時に提出した返信用封筒に記載した住所宛に郵送で通知されます。

数日待っても大使館からの郵便物が届かない場合は、郵便事故の恐れもありますので
直接アイルランド大使館にお問い合わせ頂くことをおすすめします。


無題  投稿者:aki
投稿日:2014/07/07(Mon) 07:59 No.15294  
 
いつもお世話になっております。
質問なのですが私はいま学生ビザでダブリンに語学留学しています。
そのビザは8月末までです。(語学学校から申請してもらいました)
しかし8月末に学校が終わった後、フランスに2週間旅行しようと思っています。
私は日本からダブリンの往復の航空券をすでに購入しているので、帰国する際は必ずダブリンに一度戻ってきて、そこから日本に行かなければいけません。
その際、ダブリンのビザは2週間延長した方が良いのでしょうか?
それとも学生ビザが切れた後は自動的に観光ビザに変わり、フランスから一度ダブリンに戻るときは、観光ビザで入国することになるのでしょうか?
文章が下手ですみません。お返事よろしくお願いします

Re: 無題  アイルランド留学クラブ
2014/07/08(Tue) 08:41 No.15297   <Home>
akiさん こんにちは。

8月末に学生ビザの有効期限が切れた後、フランスへ旅行してから
ダブリン経由で日本に帰国するということですね。

2週間だけの学生ビザ延長は現実的には難しいようなので、akiさんのケースでは
フランスからダブリンに戻ってきた時に改めて入国審査を受け、
短期の観光滞在許可を出してもらうことになるでしょう。


語学留学生やワーホリでアイルランドに長期滞在していた方が、滞在許可期限が切れた後に
再度観光として入国しようとすると、再入国の目的や滞在期限が明確でない場合は
かなり厳しく問われるケースもあるようです。

ですが、akiさんは日本に帰国するフライトチケットをお持ちで、目的や滞在期限も明確なので
再入国時にパスポートと一緒にダブリン〜日本間のフライトチケットを審査官に見せ、
「このチケットでダブリンから日本に帰国するために再入国したい」ときちんと説明すれば
むやみに入国を断られる可能性は低いと思われます。
お返事ありがとうございます  aki
2014/07/08(Tue) 18:43 No.15298  
わかりました!
帰国用のチケットをしっかり準備していきます。
ありがとうございました!
Re: 無題  アイルランド留学クラブ
2014/07/09(Wed) 08:05 No.15306   <Home>
ご参考になれば幸いです。
残りの留学生活とフランス旅行も是非楽しんでくださいね!

無題  投稿者:あやか
投稿日:2014/07/07(Mon) 00:37 No.15293  
 
アイルランドで国際関係学を学びたいです。
しかし学校がなかなか決まりません。
日本で言う国際関係学はアイルランドの何学部に相当するのでしょうか。
国際関係学が学べる大学を教えていただきたいです。
期間は大学全期間の予定です。英語力にはあまり自信がありません。

Re: 無題  アイルランド留学クラブ
2014/07/08(Tue) 08:34 No.15296   <Home>
あやかさん こんにちは。

国際関係学(International relations)に関連した学位コースは

・Dublin City University
https://www.dcu.ie/prospective/deginfo.php?classname=IR

・University College Dublin
http://www.ucd.ie/spire/

・University of Limerick
http://www3.ul.ie/courses/PoliticsAndInternationalRelations.php

など、各地の大学で設定されています。

日本の高校を卒業後、アイルランドの大学に入学する場合は
1年間のファンデーションコースで基礎科目とアカデミック英語を学んだ後に
3〜4年間の学位コースに進学することになります。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー




アイルランド留学クラブのオフィシャルページへ

アイルランド留学掲示板にて皆さんのご質問に返答をさせて頂いていますアイルランド留学クラブでは、1週間の短期留学から1年以上の長期留学まで、アイルランドについてのご相談から語学学校選び、入学お手続き代行を現地日本語サポート付きで完全無料にて行っている留学エージェントです!
語学留学のほかにも、高校留学、ホームステイ、ティーチャーズホームレッスン、ワーキングホリデーまで、アイルランドを専門に幅広いプログラムを取り扱っています。
アイルランドはヨーロッパからの留学生が中心の日本人が少ない留学先で、英語留学にはピッタリの環境です。
詳しくはアイルランド留学クラブのホームページをご覧下さい。


860609